SPORT GLOBAL

海外×スポーツ×留学•就職に関するリアルな情報と細やかなサービスを、海外スポーツ機関で働く日本人が提供しています。ひとりでも多くのグローバル人材を!

「セカンドキャリア」の記事一覧

【サッカー選手のキャリアを通じて考えるアスリートのセカンドキャリアの核心】 第5回:企業スポーツ最高?日本、世界のアスリートのキャリア施策(中編)

第5回の前編では、Jリーグのキャリアサポートの変遷を紐解いた。既に述べたが、Jリーグの取り組みは、日本スポーツ界全体のキャリア施策を語る上で、欠かせない事例なので、キャリアサポート→キャリアデザイン→スポーツキャリア、と […]

【サッカー選手のキャリアを通じて考えるアスリートのセカンドキャリアの核心】 第5回:Jリーグは一体何をしているのか?日本、世界のアスリートのキャリア施策(前編)

第1回~第4回までは、どちらかと言えばプレーヤー、本連載で言えばプロサッカー選手自身のキャリアがどんなもので、プロサッカーという経験でどんな力が培われるのか?に焦点があった。第5回以降は、プロサッカー選手、アスリートを取 […]

【サッカー選手のキャリアを通じて考えるアスリートのセカンドキャリアの核心】 第4回: 気合、根性、忍耐?サッカー・スポーツを通じて培われる力(後編)

 第4回の前編では、IQや学力など、一般的に良く知られている認知能力の対になる、非認知能力について紹介した。そして、近年、社会、ビジネスにおける非認知能力の重要性が注目されており、更に、非認知能力がスポーツを通じて鍛える […]

【サッカー選手のキャリアを通じて考えるアスリートのセカンドキャリアの核心】 第4回:サッカー・スポーツを通じて培われる力(前編)

 第1回~第3回まで、プロサッカー選手になる前、現役のキャリア、競技引退後について、様々な要素を考察してきた。ここからは、コーチ、協会、リーグ、または、日本の雇用の仕組みなど、外的要因について考察していくのだが、その前に […]

【サッカー選手のキャリアを通じて考えるアスリートのセカンドキャリアの核心】 第3回:引退後の限定的なキャリアパス(後編)

 前編では、選手の引退年齢に関して、そしてサッカー関連でのセカンドキャリアの主なパスウェイについて考察した。後編では、以下の図に赤枠で囲まれた、プロサッカー選手を引退して、サッカー以外のフィールドにセカンドキャリアを求め […]

【サッカー選手のキャリアを通じて考えるアスリートのセカンドキャリアの核心】 第3回:引退後の限定的なキャリアパス(前編)

 第1回、第2回では、プロサッカー選手になるためのパスウェイの多様化、高卒or大卒Jリーガー、競技の低年齢化、プロサッカー選手で一生分稼げるのか?などを考えてきた。第3回では、現役引退、引退後のキャリアについて深掘りして […]

【サッカー選手のキャリアを通じて考えるアスリートのセカンドキャリアの核心】第2回:プロサッカー選手では一生分稼げない現実 【後編】

第2回:プロサッカー選手では一生分稼げない現実【前編】では、主にプロサッカー選手の定義と、日本における契約内容について考えた。後編では、プロサッカー選手が実際どの程度稼いでいるのか、2021年のJ1選手の年棒データを基に […]

【サッカー選手のキャリアを通じて考えるアスリートのセカンドキャリアの核心】第2回:プロサッカー選手では一生分稼げない現実 【前編】

 第1回では、Jリーグの拡大、そして選手数の増加、プロサッカー選手になるためのパスウェイの多様化、高卒or大卒Jリーガー、競技の低年齢化などに触れた。そこからセカンドキャリアの伏線となるいくつかの要素を抽出して考察を試み […]

【サッカー選手のキャリアを通じて考えるアスリートのセカンドキャリアの核心】第1回:Jリーグの拡大・選手の低年齢化が意味するセカンドキャリアの伏線【後編】

著者プロフィール 阿部博一(アベ・ヒロカズ)現在地:クアラルンプール(マレーシア)職業:アジアサッカー連盟(AFC)Head of Operations(審判部) 1985年生まれ、東京都出身。道都大学卒業後、V・ファー […]

【サッカー選手のキャリアを通じて考えるアスリートのセカンドキャリアの核心】第1回:Jリーグの拡大・選手の低年齢化が意味するセカンドキャリアの伏線【前編】

著者プロフィール 阿部博一(アベ・ヒロカズ)現在地:クアラルンプール(マレーシア)職業:アジアサッカー連盟(AFC)Head of Operations(審判部) 1985年生まれ、東京都出身。道都大学卒業後、V・ファー […]